「〇〇の車種を探してくれ」といった依頼はよくあることであり、
そいった車にどんぴしゃで当てはまれば超高額査定がつくことも多々あります。
ですので、査定の際はなるべく多くの業者に依頼しましょう。

 

 

車を査定する際に査定士からいろいろと質問されることもあります。

 

車の状態などを聞かれたらどのように答えればいいかわからない・・・
査定額を減額させない言い回しなどあるの・・・?

 

などといった疑問も多く聞こえてきます。
そこで、ここでは車を実際に査定してもらう際に注意しておくべきことをご紹介します。
また、この点を注意すれば、査定にマイナスをつけることもないですし、
気持ちよく商談を運ぶことができます。

 

注意点その1

 

まず1つ目は、「嘘をつかない」ということが重要です。
車査定の際は査定士からいくつか質問されることが多いです。
質問の内容は、

 

不具合があるかどうか

 

修復暦があるかどうか

 

その他乗ってて気になる点はあるかどうか

 

が一般的な質問内容となっております。

 

ここで車をより良い状態に見せるために、
嘘をつく発言をする方もいます。

 

・修復暦があるのに修復歴がないと言う
・不具合があるのにそれを隠す

 

これはよくある嘘の例ですが、
嘘をつきますと、後々トラブルに発展するケースが多いですので、絶対に止めましょう。
最悪、買取金額全額返金&車返却、となります。
相手に迷惑をかける行為は絶対にやめて下さい。

 

2つ目のテクニック

 

次に複数の業者に査定してもうことも重要です。
なぜ1つの買取業者だとダメなのか、
その理由は

 

ほしがっている車は各買取業者によって違う

 

買取業者ごとに販売ルートが違うので、査定額に差がでる

 

といったことが挙げられます。

 

得に前者の「ほしがっている車は買取業者によって違う」は、非常に重要な項目です。
査定士はプロだから車をキレイに見せたところで付け焼刃にすぎない・・・

 

別に車が汚れていても外装の状態の判断がつく

 

と思っている方が多いでしょう。
しかし、車を汚れたまま査定してもらうことによって、

 

汚れがキズに見える場合があり、減額対象とされる

 

外装の査定がしにくいので印象が悪くなる

 

といったデメリットがあります。

 

 

 

 

ネットでの車の情報の記載で、嘘をつかなければ、
大幅に査定額が違う、という事態にはなりませんので、
必要事項を記入の際にも十分に注意が必要となってきます。

 

買取業者も最初の表示額に近づけるように努力すると思いますが、
やはり車という性質上、実際に車を目で見ないと、実際の査定額はつけられない。
というのが本当の気持ちでしょう。

 

査定はこちらから

 

 

 

実際にこの項目は査定の基準となっている場合が多いです。

 

現に、中古車販売価格を見ると、人気の車種ほど高く、
そして、同じ車種でも距離数、年式によって多きくが価格が違います。